タイ式子宮バランスセラピー®セラピスト養成講座

タイの助産婦さん達の間で古くから伝わる、タイ伝統医学に基づいた伝統的子宮ケア、自然療法

今回、講師に足立喜代子さんをお招きして、タイ式子宮バランスセラピー®セラピスト養成講座を開催いたします。サロンに新しいメニューとして入れることはもちろん、セラピストとしても知っておくことで幅が広がると思います。

既にタイ古式マッサージを習得済みの方は3日間、全く学んだことのない方もプレ講習を2日間設けていただいてますので、ボディケア施術の未経験でもどなたでもこの施術を受講することが可能です。問合せだけでも、お気軽にどうぞ。みなさまのお申込みお待ちしております♪

詳しい内容・お申込みはこちらから→ https://www.kokuchpro.com/event/f91b4bd0c10bca2b15420776d09963d2/826911/

タイ古式Salon Salapao より

私が20代の頃、まわりの同世代の友人は生理不順、生理痛に悩みながらも、病院に行きづらかったり、いくほどでもないような…、思えば私も必ず鎮痛薬を飲んでいたなぁと。当時セラピストではなくOLだった私は、それは自分ではどうにもできないこと、普通なことだと思っていました。

30代になると、不妊治療や体の冷え、それでも仕事を頑張って…そんなまわりの声をよく聞きながら、OLからセラピストになっていた私は自分のできることってなんだろうと。少しでもストレスを癒せたら、自然治癒力を高められたら、血行をよくできたら、なんて思いながら。

そんな中、お客様で、ドクターストップで仕事を辞めたり、結婚で環境が変わったりで、サロンに最近見えないけれど、元気にしてるかなぁと思っていた方達が、久しぶりにご来店された時の事。

「実は妊娠してしばらくサロンにこれなかったの」…と。そんなうれしい報告をもってご来店いただいたお客様たちは、みんな「顔」が変わっていたことにびっくりしました。仕事の合間に、仕事帰りにサロンに足を運んでくれていた女性の顔とまた違った人のようでした。

ストレスから離れたこと、ホルモンバランスが変わったこと、幸せを感じていること、…もしかしたら食事や睡眠、生活習慣も変わったのかもしれません。

心と体の内側からでてくるもの、これがやっぱり最強なんだろうなぁと感じました。

40代になり、さらに変化する体のバランス、そんな時、この子宮バランスセラピーを紹介していただき、足立喜代子さんに施術してもらいました。

施術後は、今までに受けたボディケア、タイ古式、アロマ等とまた違った「身体の軽さ」を感じました。ホルモンの薬を飲んでいた私は、薬に頼らない、自分を整えていくことを改めて意識するきっかけになり、身体は良くも悪くも変わることを思い出しました。お医者様に原因がよくわからないまま?処方いただいた薬を飲み続けて半年、なんとなく飲んでいましたけど、止めました。

タイ古式を受けて、「これはいつまで続くのだろう」という痺れや痛みがふっと軽くなる瞬間を何度か経験しているのですが、「いつまでも続かないかもしれない」「変わるかもしれない」そんなきっかけになるセラピーはたくさんあると思います。その中で女性の悩みに特化したこのセラピーを、今回、講師に足立喜代子さんをお迎えして講座を開いていただけることになりました♪

ご興味ある方はぜひぜひご参加下さい(*‘∀‘)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ろじうら2019.10.20 亀崎

次の記事

閉店のお知らせ